採用されやすい人材はセミナーに積極的な人

どういった点が、人材を増やしたい企業が、雇いたい人と、雇いたくない人の分かれ目になるのでしょう。就職活動のセミナーは、同じ会場に採用担当者と学生が参加しており、マッチングしやすいようになっています。同じ就職活動のセミナーにに参加している学生の中でも、採用担当者との関わり方に差が見られます。いくつもの企業ブースに積極的に足を運ぶ学生もいますが、中には企業ブースはほとんど回らず見ているだけという学生もいます。希望する企業はあるけれど、倍率があまりにも高すぎて、自分を売り込みに行くことができないという人もいるようです。企業からすれば、あまり動かない学生より、積極的にアプローチをかけてくる学生のほうが好ましいわけです。次への行動が早く、わからないことはどんどん聞いてくる学生のほうが、採用しやすいことは言うまでもありません。やる気がある学生は会社のブースでも前の方の席に座り、担当者の目を見て熱心にメモを取る事が多いです。消極的な学生は後ろの方の席に座り、資料ばかりを見ており、やる気が感じられないものです。採用担当者から見た場合、行動が鈍そうな学生よりは、ぐいぐいと前に出てくるぐらいの学生がよいと思いがちです。学生同士を比較するだけでも如実に差が出るために、人数の多さを利用し、目立つ人物をピックアップする企業もあります。他の人と同じことをしているだけでは就職セミナーでは評価されないということを、頭に置いて行動をすることが必要になります。
育てて壊す