フォレスト・ガンプは名作ですよね

フォレスト・ガンプのサブタイトルは一期一会。「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」というキャッチは劇中のセリフで、本作を表すのに最も当てはまると思います。

トム・ハンクス演じるフォレスト・ガンプは足に矯正器具をつけ、まともに走る事が出来ない少年だった。その上、知能指数も低い為に周囲から馬鹿にされていた。だが、ある日、彼はジェニーなる可憐な少女を見て、思わず走り出す。そこから彼の人生は走り出していく。視聴者が予測もつかぬドラマへと。

名作中の名作です。トム・ハンクスの映画では代表作でしょうね。
本作は彼の幼少期から始まり、大人に至るまで一人の人間史を描いたような作品です。それだけに、ガンプが妙に親しみを感じるというか……。

ネタバレは伏せるとしても、ガンプのする事為す事は彼の周囲と、そして観ている我々を驚かせます。軍人になったかと思えば、エビ取り漁船に乗ったり、急にランニングを始めたり……。

同時に、ヒロインであるジェニーの不遇な人生。それもまたガンプと対象的で、でも彼と会う事で幸せを手にしてと、十二分に見ごたえのある配役が為されていますね。

ちなみに第67回アカデミー賞作品賞、第52回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品という大変な栄養を受けています。絶対必見!といえる映画ですね
新潟市 闇金 相談